湿気対策に優れたベッド

室内

なぜすのこが良いのか

ご家庭でベッドを利用されている方にとって、考えておかなければならないのは湿気対策です。ベッドのマットレスには、人が休んでいる時に浸透する水分が蓄積されますので、湿気が溜まりカビの温床となりやすくなりますす。そのため、マットレスの間に除湿シートを敷くなどして、対策を講じる必要があるのです。マットレスも敷きっぱなしにするとカビの温床となるので、たまには風通しの良いところで壁に立てかけるなどしておくようにすることです。湿気対策はマットレスだけではなく、ベッドの下も行う必要があります。ベッドの下の部分が収納ボックスになっていることが多いのですが、床に近い部分には湿気が溜まりやすくなるので、収納ボックスの衣類などに影響を来す恐れがあるのです。ボックス内をこまめに掃除したり、除湿剤を置くなどしてカビの生えにくい環境にすることです。そして湿気対策として湿気に強い、すのこベッドに切り替えるのも良いかも知れません。すのこは木材の材質が軽く通気性が良いので、すのこベッドは湿気対策にはうってつけのベッドフレームなのです。通気性が高いので、布団やマットレスの湿気が逃げやすくなりますから、カビ対策には最適のベッドなのです。勿論、すのこベッドにしたからと言って、カビが生えない訳ではありません。先述した湿気対策も併せて行うことで、除湿効果が高まることになるのです。すのこベッドにすることで、通気性が高まり夏の蒸し暑い時期でも涼しく就寝することができます。衛生的で快適な生活空間にするために、すのこベッドはお勧めです。

Copyright© 2017 寝具の湿気対策にはすのこベッドがオススメ|木材の特徴をリサーチ All Rights Reserved.