蒸し暑い夜も快適に眠ろう

寝る人

優れた通気性でカビを防ぐ

すのこベッドは床板の部分に等間隔の隙間が空いていて、床板が一枚板になっているベッドと比べて、床板とマットレスの接地面が少ないため通気性に優れていることが特徴です。そんな通気性に優れたすのこベッドが人気が高いのは何故かというと、まずカビ対策に効果的だからという理由が挙げられます。人間は寝ている間にコップ1杯以上の量の汗をかくといわれていますが、床板が一枚板になっているベッドでは、マットレスに寝汗や湿気が溜まってしまいます。そして、その状態のまま放っておくとカビが発生しやすくなってしまいますので、マットレスを頻繁に干さなくてはなりません。一方で、すのこベッドの場合には、板の隙間から湿気を逃すことができるため、通常のベッドよりもカビが発生しにくくなっています。もしマットレスをしばらく敷きっぱなしにしたとしてもカビが生えることが少ないため、仕事などで忙しくてマットレスを頻繁に干せないという方にも人気なのです。また、蒸し暑い夜にもすのこベッドを用いれば蒸し暑さを軽減できますので、通常のベッドと比べると快適な眠りを得ることができます。そのため、湿気が多くて蒸し暑い日本の夏にも最適で、夏の夜の寝苦しさから解放されたいという方にも購入されています。さらに、付属品が少ないシンプルなデザインになっている製品が多いうえ、折りたためるタイプの製品が売られていることもすのこベッドの特徴の一つです。つまり、部屋をベッドに占領されなくて済むことから、一人暮らしをしている方や部屋を有効利用したい方にも人気となっているのです。

Copyright© 2017 寝具の湿気対策にはすのこベッドがオススメ|木材の特徴をリサーチ All Rights Reserved.