優れた通気性で夏でも快眠

寝室

布団もそのまま使える

梅雨時や夏場になるとじめじめして毎晩寝苦しい、という人は少なくありませんが、こうした人たちにとって便利な商品なのが、すのこベッドです。すのこベッドとはその名の通り、床板部分がすのこになっているベッドのことです。すき間をあけて等間隔に横木が渡してあるので、間を空気が通り抜けます。そのため湿気がこもることなく、爽やかな気分で眠りにつくことができます。防カビ性にも優れているため、お手入れも楽です。また、すのこベッドにはマットレスだけでなく布団をそのまま敷くこともできます。そのため、スプリング式のベッドはどうも苦手だという人でも快適に利用することができます。すのこベッドの材質にはいろいろな種類がありますが、中でも人気が高いのが天然木です。自然素材ならではの独特な風合いがあるうえ、木そのものにも吸湿作用や防虫作用があるため、さらなる快適さを追求することができます。製品の中には、脚の部分が自由に取り外せるものもあります。このタイプなら、床の上にじかに置いて使うことができます。和室にも使用可能なので、高齢者の方に人気があります。すのこベッドをじか置きで使用する際は、気をつけるべき点が1つあります。それは、折りたたみができるタイプの製品を選ぶようにすることです。床を掃除する時にはふとんの上げ下げを行う必要がありますが、布団をのせたままワンタッチで折りたたみ、そのまま立てかけられるタイプであれば、作業がとても楽になります。

Copyright© 2017 寝具の湿気対策にはすのこベッドがオススメ|木材の特徴をリサーチ All Rights Reserved.