室内

湿気対策に優れたベッド

湿気が溜まりカビの温床となりやすいベッドは、日頃からの湿気・カビ対策を行うことが大事ですが、ベッドをすのこベッドに切り替えてみるのも良いかも知れません。すのこは軽く通気性が高いので、ベッドの湿気を上手く逃がしてくれる効果があるので、湿気対策にはうってつけのベッドだと言えます。
寝る人

蒸し暑い夜も快適に眠ろう

床板が一枚板になっているベッドと、床板に等間隔の隙間が空いているすのこベッドとでは、前者の方が通気性が優れています。床板に隙間が空いているベッドはカビが発生しにくく、蒸し暑い夏の夜でも快眠できるメリットがあります。

寝具

自分に合うものを

すのこベッドは主に、桐、ヒノキ、杉、パイン材という材木が使われそれぞれの特徴によって、得られる効果が変わってきます。桐は軽く、熱伝導率が低いので女性向け、ヒノキやパイン材は香りが特徴的で癒し効果があり、杉はコスパ重視派向けです。

レディ

豊富なサイズが揃っている

すのこベッドは通気性に優れており、湿気が発生しないので、快適な睡眠を得られるのが特徴です。専門店では、檜などの天然の素材を使用した商品が販売されています。安全性を重視したい人は、国産の商品がお勧めです。

寝室

優れた通気性で夏でも快眠

すのこベッドは、床板部分がすのこ状になったベッドです。通気性に優れているため湿気がこもらず、快適な眠りの助けとなってくれます。脚の部分を取り払って床の上にじかに置けるタイプもあるので、和室にも使えます。

ベッド

通気性がよいです

すのこベッドは多湿な日本の気候に適したベッドです。睡眠中の汗に加えて、湿気によって、布団やマットレスは水分を多く含みます。このためすのこベッドを利用することで、適度の湿気を逃がすことができます。販売価格の相場は安いものは10,000円前後からあります。

睡眠

湿気を逃がしてくれる

すのこベッドは下にすのこがしいてあるベッドのことです。湿気が自然と逃げていく、硬めの寝心地である、木の香りが楽しめるなどのメリットがあります。床下収納には向いていないという点と冬は寒いという点には注意が必要です。

湿気に強いベッド

ベッド

日本の気候に合う

すのこベッドは湿気に強いことで知られ、高温多湿な日本の気候に合っていることから人気です。すのこベッドに使用されている材質は主に4種類挙げられ、桐・杉・ヒノキ・パイン材が特に使われています。桐はすのこベッドの材質の中でも特に軽い事が特徴で、女性や高齢者の方でも持ち運びやすく模様替えや掃除の時の移動にも便利です。ヒノキは防虫効果が高くすのこベッドの材質の中でも特に湿気に強いので、湿気対策に重点を置きたいという方に合っています。安い値段で、すのこベッドを購入したいという方には、杉のすのこベッドがオススメです。杉は日本では手に入りやすいので他の材質のものより安く、湿気にも強いので人気があり、予算を抑えながら湿気対策を行いたいという方に適しています。パイン材は良い香りがする事が特徴で、リラックスして過ごせる香りであることからベッドの材質としても適しており人気です。他の家具もパイン材で揃えるなどトータルで部屋をコーディネートしている方もいます。どの材質も良い点や特徴が異なるので、目的や趣味に合わせて材質を選ぶ方事が重要です。すのこベッドには脚付きタイプと折りたたみタイプがあり、脚付きタイプはごく普通のベッドとして長く1つの場所に設置する際に使われています。折りたたみタイプは脚が付いていない二つ折りできるタイプのものを指し、部屋に敷布団を敷く際に使用する事で直接敷布団を敷くよりも通気性が良くなるので、湿気対策をを行う事が出来ます。

Copyright© 2017 寝具の湿気対策にはすのこベッドがオススメ|木材の特徴をリサーチ All Rights Reserved.